◆◆ ケンサクくんのぐるめ紀行 【 62 】

ケンサクくんのグルメ紀行62 一味違う今年のチョコレートの巻

       今年も始まったばかりかと思っていたらもう2月、節分も終わり、すっかり世間はバレ

     ンタインデームード…のはずですが、当社においては全くそんな気配もなく変わり映えの

     ない日常が繰り広げられております(><)

 そこで本日はそんな腰の重い女性陣を啓蒙すべく(ウソです)、今年新作のちょっと一味

 違うチョコレートたちをご紹介です。

  まずは名古屋上陸の「ジャン ポール エヴァン(JPH)」のボンボンショコラ(写真左)。

 下段中央のサフィル(ヘーゼルナッツとアーモンド)、下段両サイドのジョワイユー(ガ

 ナッシュにヘーゼルナッツ風味)、上段中央のコスタリカ(オレンジピューレーで風味付

 けされてる)というJPHの代表作に加えて、今回は上段両サイドのハートの模様の入った

 2個が名古屋限定の新作「Heureux(ウールー)」で、その味たるや、「アーモンドとヘーゼルナッツの

 プラリネ、赤味噌風味のジャンドゥジャを2層に重ねた」と……名古屋限定ね…(苦笑)

 実際食べてみると… ん?? よくわかりません
            

   次にお出ましは、毎回期待を裏切らない妙香園さん。名古屋では名の知れたお茶葉屋

 さんデス。数年前の抹茶のトリュフは絶品でした。また売らないカナ?

 包みは金ピカです。ゴージャス~。よくみると「茶」の文字の下には「CHACOLATE

 (茶コレート)」 とダジャレ好きなT部長の心をいたくくすぐる遊び心。側面にPastelと

 今年はコラボしたことを匂わせているので、味も心配なし? 実際開けてみると、今年は

 抹茶のキューブ型生チョコ4個入り!  え、こんだけ?と、食いしん坊万歳な方には物足りなさ 

 全開ですが、雰囲気とリッチさを味わうのだからこれくらいがいとよろしです。

   そして、今年あと狙っている新作は京都の料亭和久傳さん。 おうちづかいで鯛味噌茶漬を

 いつも買って帰るのですが、チョコは柚子ピールを炊いてチョココーティングした「柚香(ゆうか)」

             が美味しくて、例年これををいただいているのですが、今年は新作「こひごろも」がリリースさ

             れるのデス。これは餡とチョコのトリュフなのですが、5つの味がどれも独創的すぎる !

             紹介すると…
             ①蕗の薹(ふきのとう)味        「春のにがみ」を…
             ②味                   …どんな味か想像できません  
             ③黒にんにく味             「芳醇で果物のような味わい」??
             ④(よもぎ)味              「心落ち着く若草の香り」と
             ⑤若摘山椒(わかづみ山椒)味    「爽やかな香りと辛み」ですと

 なかなかどうして、今までおおよそチョコと結びつくことのなかったこれらのテイスト、ちょっと興味ありますよねー?

 場合によっては悪魔合体の可能性もありますが、そんな方はぜひ、今年のバレンタイン度胸試しに購入してみては

 いかがでしょう? 京都まで買いに行けないワという貴女、ミッドランドスクエアB1Fと名古屋松坂屋にも販売のお店

 があるそうなので大丈夫です!! どなたかぜひよろしくお願いします(笑)(ちょっと催促ですw)

 万が一いただけてしまっちゃった場合は次回のブログで写真つきで紹介します(^^)

.

※写真をクリックすると写真が大きくなります(^^)

※過去ログは、左側のキーワード検索で「グルメ」で検索していただくと、ぐるめ紀行のリストが出ます。

 または、左側のタイトル「野田新町駅前ブログ」の「新」の字をクリックすると全ブログリストが出てきます(^^)


コメントをどうぞ