◆◆ ケンサクくんのぐるめ紀行 【 57 】

ケンサクくんのグルメ紀行57  岐阜で焼肉といえば…の巻

          そろそろ春めいた陽気になってきて、桜もあと1週間ほどで咲き始める今日この頃、

        みなさんいかがお過ごしでしょうか?

           先日、T次長と朝から岐阜へ出張し、昼ごはんも食べないまま気がつくと午後3時。

 がんばったし(T次長が)、せっかくだからたまには贅沢をして、夕方に焼肉ランチだーと

 目論んだのですが、なんと開店が午後4時ですと…。ご飯のために1時間待ってという訳

 にもいかず、泣く泣く断念となりました(T-T)

   T次長と行けなかったこのお店、岐阜の焼肉では知らぬ者なしの名店「桔梗苑」さん。

 長良の住宅街の奥の奥、細い路地を更に入ったようなロケーションにかかわらず、どんな

 タクシーに乗ろうとも、行き先を告げただけで門の前まで連れてってもらえる、そんなお

    店です(笑)。  入り口からしてもはや焼肉屋というよりは料亭ですよね。

       洗練された雰囲気の店内とサービスの行き届いた店員さんたち、まず、オーダーは

    伝票つけたり、機械に入れることをせず、店員は全員どれだけの注文をされようとも、全

    て暗記して承ります。復唱だけでも大変なのに、厨房まで覚えていられるのかな?とも思

 いますが、全く大丈夫、ちゃんと品がでてきます。 意地悪なお客さんが、一気に大量の

 注文をされても大丈夫らしいです。また、網の交換はいちいち頼まなくてもお店の方が網が焦げ

 はじめてくるとさっと替えにきてくれます。1度の食事で勝手に網は4~5回替わります。

    店の内外の雰囲気、店員さんの立ち振る舞い、もはや1流料亭か高級老舗旅館を思

 わせるオーラがあります。お値段は張りますが、それに見合った味とサービスを堪能できる店、

 岐阜市にお越しになった際はぜひ一度足を運んでみてはいかがですか?(^^)

.

.

.

                                         ↑
 テールスープも絶品、ぜひご堪能アレ!         これはランプ(牛もも)

 お肉は全てA5の特選銘柄牛、焼肉屋なのにシャンパン、ワインの品揃えが豊富で、お肉ごとのワインとの

 マリアージュが楽しめます。 おかげで写真撮るのを忘れて食べちゃってマシタ(汗)
   
          
.

.

.

※写真をクリックすると写真が大きくなります(^^)

※過去ログは、左側のキーワード検索で「グルメ」で検索していただくと、ぐるめ紀行のリストが出ます。

 または、左側のタイトル「野田新町駅前ブログ」の「新」の字をクリックすると全ブログリストが出てきます(^^)


コメントをどうぞ