◆◆ 悪魔合体2013秋  (ノ-_-)ノ~┻━┻

ケンサクくんのグルメ紀行56 番外編   セキセイインコの味がするアイスクリームの巻

.

  以前書いた神戸のそばめしの帰りに、この冬の悪魔合体のために神戸の灘区にちょっと立ち寄りです。

目当てはカフェ「とりみカフェ ぽこの森」さんが日本で唯一発売する、インコの味がするアイスクリーム

(俗称インコアイス)。コアなファンのご要望に応えて、今年も悪魔合体の季節に満を持して登場です。

  フレーバー(?)はセキセイインコ味、オカメインコ味、文鳥味の3種類。 とてもフレーバーというカテゴリーに似つかわし

くない言葉です。 ネットなどを見ても、「セキセイインコを握り締めてバニラアイスを食べた味」とか「口をあけて寝てたら、

オカメインコが顔にとまって片足が口の中に落ちたような味(?)」とか「インコの体臭の味」とか散々な言われっぷりです(笑)

  さぞかし店も閑散としてるのかと思いきや、ガラスに仕切られた向こうで飛んだり毛づくろいをしたりするインコを眺めな

がらカフェを楽しむ方々で満席。予約も一杯という状況でした。

  しかたなく持ち帰りできないかお願いしてみると、ここは食べるのみで販売してないとのこと。では、どこで持ち帰りを買

えますかと聞くと、日本で1箇所、渋谷の西武百貨店内と。ど、どうして神戸で作って販売は渋谷のみ…

  今から神戸から東京には買いに行けないので、無理を言って1個ずつわけていただきました(喜)

   鳥類は空を飛ぶための羽を守るために、背中から特有の甘い香りのする油を出してなじませて

 おり、えさを食べるときはえさに顔や体を突っ込んで行くため、好物の穀物の香りが体につきやすい

 のだそうで、その上インコ類は水浴びしないため、それが色濃く体に染み付いてしまうのだそうです。

            それで、インコの好物のシード(種など)をたまたまアイスに入れてみたら、インコの風味のアイスが

出来上がってしまったそうで、インコの好物のエサによってインコの匂いが若干違うようで、これがフレーバーの差と

なるのですねー。

 ←← セキセイインコアイス

     中には、丸麦、たかきび、もちきび、もち粟、ひえ、蜜りんご が入ってます

     セキセイインコが口に広がる、懐かしいような不思議な風味です。

 ←← オカメインコアイス

     中には、ひまわり、かぼちゃの種、蜜りんご が入っています

     たしかにオカメインコってこんな感じだったかも…(笑)

 ←← ぶんちょ仕立てのフィンチアイス

     中には、たかきび、もちきび、もち粟、ひえ、マシュマロなど

     口の中に文鳥を突っ込んだときの胸の羽根のモフモフ感が楽しめます(^^)

                        神戸か渋谷に立ち寄る機会があれば、是非ご賞味アレー。ちなみに、灘区のカフェ

では、アイスを食べる際に添えられる、かけると更にインコ風味が倍増する、煎りたて『イン粉』なる赤い粉末もありマス

 (ノ-_-)ノ~┻━┻

. 

※写真をクリックすると写真が大きくなります(^^)

※過去の悪魔合体は、左側のキーワード検索で「悪魔合体」で検索していただくと、リストが出ます。

 または、左側のタイトル「野田新町駅前ブログ」の「新」の字をクリックすると全ブログリストが出てきます(^^)


コメントをどうぞ