◆◆ ケンサクくんのぐるめ紀行 【 40 】

ケンサクくんのグルメ紀行40  焼津の生桜えび丼の巻

       開通しましたね。新東名高速道路。

     今回は静岡の三ケ日から御殿場までの区間ですが、数年のうちに御殿場から東京まで、

     さらにそのあと豊田ジャンクションから額田、新城を通って三ケ日までの区間が出来上がって

   2020年には全線開通となるようです。

   相当の区間が高低差やカーブを極力なくした作りとなっていて単調な上に、

   横は防音壁がならんでいて景色も山しか見えないし…  途中から飽きちゃいます(汗)

   SA(新東名ではneopasaというらしい)に寄ると、電気自動車用充電スタンドが。(写真左) 

扉を開けると、子供の頃のアニメで出てきたような未来の光線銃のような物体が。

こいつを車に挿すんですね… 

今まで家庭用コンセントのような差込口だとばかり思ってた…

                   .
   今回は清水ジャンクションで乗り換えて早朝の焼津の港へ。

 まさに今、魚が水揚げされ、仲買人とかがセリをしている現場へ。

 ←←ん?? 右端の人物は誰かに似ているような……

海の男の食堂!って感じ。

ほとんどのお客さんは水揚げ作業や

卸作業をしていた関係者たちばかりです。

 ←桜えび丼 
 
駿河湾といえば桜えび! しかも掻き揚げではなく、どんぶりいっぱいの生桜えび!!

名古屋ではなかなかお目にかかれない一品です。生姜醤油あたりで食べるとgoo!

 ←桜えびの掻き揚げ

桜えびと言うと、愛知県人にはこちらがノーマル

写真では分かりづらいですが、直径20cmとかなりのサイズです。

 ←マグロのカマ焼き

これも愛知県ではブリのカマがおなじみですが、これはマグロです。

赤身魚を焼いたというのと、日光の影の具合で写真は黒焦げ風ですが、実際は焦げてません(汗)

 ←海鮮丼

静岡で水揚げされるマグロなどの海の幸がふんだん。

名産の桜えびやしらすも生のまま、どんぶりの上に参加しています。

 ←特製大トロ丼

名古屋でこんな大トロを食べたら、とんでもない金額になってしまいます。

どんぶりから花びらのようにあふれているこんな大トロ、一度は食べてみたくないですか?

 ←オオマグロのほほ肉のステーキ

食感は魚というよりはもはや牛肉。まさにヘルシーな牛肉。

希少部位なのであまり流通しないそうです。
                         .

  ここは漁港の水産加工組合が港で働く人々のためにやっている食堂なので
 
お客のほとんどは、漁港で働く海の男や海のおじさんたちばかりです。

テレビはNHK、音楽は演歌がピッタリくるような雰囲気の店内です(笑)

  帰り際、M山係長が冷凍されたマグロのカマを購入していました。

この大きさで、なんとカマ4個入り1パック500円!! しかもマグロで! 

夫婦と娘2人と祖父母のM山家が完食するのに2日を要して、おかず代はわずか500円!!

    大きさが分かりづらいという方のために、1パックをもったM山係長の写真を

   左に載せておきますので、その大きさを確認してみてください(^^)

   ちなみにT係長も1パック買っていました。

     食堂は朝7時からやってますが、昼には終わってしまうのでお気をつけくださいませ。<( _ _ )>

.

※写真をクリックすると写真が大きくなります(^^)

※過去ログは、左側のキーワード検索で「グルメ」で検索していただくと、ぐるめ紀行のリストが出ます。

 または、左側のタイトル「野田新町駅前ブログ」の「新」の字をクリックすると全ブログリストが出てきます(^^)


コメントをどうぞ