◆◆ ケンサクくんのぐるめ紀行 【 38 】

ケンサクくんのグルメ紀行38  住宅街の手作りジェラートの巻

       前回の葉栗屋さん(ぐるめ紀行37参照)のあと大須の方に向かって、ぶらり散歩道。

     とっておきのジェラート屋さんに立ち寄ります。住宅街の一角、マンション1階に目印の雪だるまマーク。

     ひさしのところにはひらがなで”ぼのむどぅねーじゅ”。

   「ぼのむどぅねーじゅ」とはフランス語で「ゆきだるま」って意味なのです。

   ここのジェラートをひとことでいうと、HPには 『新鮮な牛乳を使ったベースに、旬の素材や産地にこだ

   わった素材をふんだんに使用する手作りジェラート。 例えば、西尾産茶葉100%使用の抹茶、ヘーゼル

   ナッツの香りがするイタリア産チョコを使ったジャンドゥーヤ、ラム酒にレーズンを漬け込むところから

   始めるラムレーズンに、バニラビーンズを取り出すとこからこだわったプレミアムバニラなどなど、

   製法にこだわった本格的ジェラートです。 また材料のカットの仕方による食感や見た目、ミルクアイス

   の分量による口に入れた瞬間の香りの広がりなど、細かいこだわりを持って作ってます。(抜粋)』 ですと。

   まさにそんな表現がぴったりの感じです。

ここではいつもダブルができるカップを注文です。

そしてそのうちの片方は必ず「ラムレーズン」です。 これは絶品です。 いちどお試しあれ。

本日はチェリーがなかったため、もう一方はブルーベリーです。…これも旨い。

 …そしてあろうことか、おかわり(ジャンドゥーヤ&キャラメル)を敢行! ふ、太るかな…?

こころなしかてんこ盛りです(笑)

   
このお店は実は「2代目」だそうで、昔、一宮にあったジェラートの名店ぼのむどぅねーじゅが2007年に

            閉店することとなったとき、閉店を惜しむ多くのお客の中の一人で熱烈なファンであった現オーナーが

            この味がなくなってしまうのは忍びないという思いで、店を引き継がせてもらい名古屋にオープンさせ

            たそうです。

             子供や従業員が跡を継ぐのはよくあるけど、「お客が2代目になる」というのはなんだか素敵な話ですね。

            私の中ではRONO(ぐるめ紀行14参照)とぼのむどぅねーじゅが愛知のジェラートの双璧です!
                                                  
                                               .
PS:ここには持ち帰りONLYで「納屋橋まんじゅうジェラート」なるものが存在します(汗) 味は…買ってみてください(笑)

※写真をクリックすると写真が大きくなります(^^)

※過去ログは、左側のキーワード検索で「グルメ」で検索していただくと、ぐるめ紀行のリストが出ます。

 または、左側のタイトル「野田新町駅前ブログ」の「新」の字をクリックすると全ブログリストが出てきます(^^)


コメントをどうぞ