◆◆まるちゃんの利きチャンカレ   その1

ケンサクくんのグルメ紀行 番外編

まるちゃんの利きチャンカレ ~カレーのチャンピオンに捧げるM山社員の愛の検証~   その1

        カレーのチェーン店は?といわれると愛知の私達は、『カレーハウスCOCO壱番屋(通称ココイチ)』

      って即答しますよね~? そういう当社の社員の中で唯一『チャンカレ!』と絶叫する男がいます。

      そうです。石川県のK工大卒業、入社26年目M山係長です。

  『チャンカレ』とは石川県を中心に展開している『カレーのチャンピオン』というカレーチェーン店で、

 最近、ココイチの牙城である東海地方に進出しはじめているのです。

 もう丸山さんは、うれしくて仕方ありません。売れてない頃から応援していたアイドルがメジャーデビュー

 したときに、みんなに自慢したくなる、そんな気持ちでしょうか(笑)

   チャンカレーをほおばると、学生時代の甘酸っぺぇ思い出が口の中いっぱいに広がるそうです…   味覚を疑いますが、

 M山さんにとって、ミルキーはママの味、チャンカレは初恋の味なのでしょう……

   先日も、チャンカレで「やっぱこの味だよなぁ~」「この味でないとカレー食った気がしない」と丸山さん。

 そこで、「本当にチャンカレの味が分かるの?」 と聞くと、

 「チャンカレの味は絶対に間違えない! 間違えたらもうチャンカレは食べない!」と豪語。

 そこで、M山さんのチャンカレ卒業を賭けた第1回カレー食べ分け選手権、利き酒ならぬ「 利きチャンカレ 」が開催されるこ

 とになりました!!

.
    ルールは簡単。10品のカレールーを試食して、チャンカレか否かを判断する。 具で区別されないようルーのみとし、

 香りと味でチェックする。利き酒は基本飲み込まないが、チャンカレは飲み込んだ後の後味(利き酒で言う「さばけ」)をみる。

 10品の中でチャンカレは1回しか出てこないとは限らないことにします

                      さあ、チャンカレ愛を賭けた挑戦 スタート!! 

.
1品目  『よこすか海軍カレー』(㈱ヤチヨ) 

  箱には、「明治41年の海軍割烹術参考書の『カレイライス』レシピを素に、食べやすく復元したものです。

 牛肉、野菜のタップリ入った懐かしい味をどうぞお召し上がりください」 ですと。

   色は非常にチャンカレに似ています。具は除外しているので関係なし。

 口に入れた瞬間の味も似ています。ただし、隠し味のラードと香辛料が強くて後味が若干胡椒からい。 

 そこに気がつくかですが、一口食べたM山さんが

 「後味にコショウの味がする」と一発で看破!

 まずは 正解 で上々の滑り出しです(^^)

.
2品目  『CoCo壱番屋ポークカレー』(CoCo壱番屋) 

   今回の利きカレーで最もやってはいけないのがここでの失敗。

 ココイチに行ってカレーを頼むとこのルーが出てきます。 

   ミスはすなわち、チャンカレ命の男が、愛知に戻って、ココイチに魂を売り渡してしまったことを

 証明することになってしまいます。  あやうし丸山さん!

   色はチャンカレよりひとまわり明るく、おうど色っぽい感じです。

 今度はM山さん、試食分を一気にのどの奥に流し込んで一言。

 「これは甘いな。すぐ分かる。」  自信満々でどこか誇らしげです。

    しかし、すぐ分かるのになぜ全部一気飲みしたのでしょう?…

   実は無意識のうちにココイチ好きになりかけているのかもしれません(笑)

   ともあれ、2品目も難なく 正解 です。

.
   しかし、ここからが佳境です。 M山さんは無事、チャンカレへの愛を貫けるのでしょうか???  
挑戦者M山さん
                                                 その2につづく(近日公開)

         
  

※写真をクリックすると写真が大きくなります(^^)

※過去ログは、左側のキーワード検索で「グルメ」で検索していただくと、ぐるめ紀行のリストが出ます。

 または、左側のタイトル「野田新町駅前ブログ」の「新」の字をクリックすると全ブログリストが出てきます(^^)


コメントをどうぞ